2017年02月18日

穀物原料を使ってないから太りにくいんです

モグニャンキャットフードを猫に食べさせたいという人の
口コミを見ていると穀物原料が使用されていないことを
理由に上げている人が多いですね。


穀物主体の炭水化物が多いキャットフードは消化吸収が
早いために血液中のグルコースが上がりやすくなり、
太りやすい体質になってしまします。


その点、モグニャンキャットフードは穀物原料を
一切使用していないので猫の体のことを考えた
安全なキャットフードといえます。


モグニャンキャットフードは本来肉食の猫に必要な
動物性のタンパク質として白身魚を主原料として使っています。


特に日本の猫は魚を好む割合が高いそうで、その点でも
モグニャンキャットフードがおすすめです。

>>『モグニャン』キャットフードについてもっと詳しく見てみる







年齢制限がないのも特徴です

モグニャンキャットフードについての疑問のひとつが
年齢制限がないことでしょう。


ふつう、キャットフードには子猫用とか成猫、15歳以上など
ある程度の年齢の基準が書いてありますよね。


でもモグニャンキャットフードにはそういう表示がありません。
あるのは子猫と成猫で与える量が異なる点だけです。


原材料をみつと市販のキャットフードと違って
とてもシンプルな素材で作られていることがわかります。


子猫だと与えられないもの、老猫だと食べさせられないものなどが
入っていないので、年齢に制限がないわけです。


また、穀物原料を使用していないので、
消化もゆっくりなので、食べてそれほど時間が経っていないのに
またすぐお腹をすかせてしまうということもありません。


結構のためにも適正な体重を維持することが大切なので
不要な成分が入っていない、どの年齢でもあげられる
モグニャンキャットフードを試してみてはいかがでしょうか。


>>『モグニャン』キャットフードについてもっと詳しく見てみる